老後資金

老後資金はいくら必要か?平均月額27万円の生活費!

 高齢世帯の平均生活費は約27万円で、それに対してサラリーマン世帯の退職後の平均年金支給額は約23万円という調査結果があります。普通に生活するには毎月4万円程足りません。その分は貯蓄を切り崩して生活費に充てることになります。年間にして50万円弱の貯蓄が減っていく計算になります。平均的な生活ではなくて余裕をもった生活を送るなら、さらに多くのお金が必要となるでしょう。 老後資金は、定年になり年金以外は収入が途絶えた状態でも、生活を充実したものとするためにはいくら必要なのでしょうか。3000万円とか5000万円とかいろいろ言われていますが、結局は自分のライフスタイルを維持するためにいくらの老後資金が必要なのかは、その人の価値観に大きく左右されるのではないでしょうか。いずれにしろ定年後も充実した生活を維持するためには定年後も再雇用制度などで年金以外の収入源を確保できることが今後は望ましいでしょう。最低でも65歳までは、元気に働きたいものです。また収入のある時期にしっかりと計画を持ち、老後資金を準備することが、なによりも大切なことなのかも知れません。

老後資金の預け先として適切な金融機関について

老後資金をせっかく貯めても、いざという時に目減りしていたり、引き出せなかったりしては意味がなくなってしまいます。こういった観点から、老後資金は定年の頃までに少なくとも大部分は銀行の預金など元本が保証される形にしておくことが望ましいと言えます。株や投資信託などのリスク資産を利用して老後資金を形成してきた場合には、市場価格が大きく下がって売るに売れないという状況が来ないように、早めに預け先を銀行などに変えておくと良いでしょう。仕組預金や、国債で運用してきた場合には、定年間際に満期が来るようにしておけば良いでしょうが、年齢が上がると共に急に病気になったりすることもありますので、一部は銀行などの預け先ですぐに引き出せる預金の形で確保しておくことが望ましいです。また、銀行の場合には一定額までは預金保険機構などによって銀行が倒産した場合にも保障されますので、その点でも老後資金の預け先として適しています。額が保護の範囲を超える場合には、複数の銀行を使い分けることも考えると良いでしょう。

老後資金はいつから貯め始めれば良いかについて

高齢化が進み、多くの人の寿命が延びている現在では、保険の世界などでは長生きをリスクと捉え、長生きリスクに備える、などと言ったりもします。それは、老後資金が尽きてしまうと生活が立ち行かなくなることからです。それでは、老後資金はいつから貯めるのが良いのでしょうか。一人暮らしか、家族と暮らしているかなどで変わってきますが、子供がいる夫婦の場合には、教育費の支払が最大になる専門学校や大学を子供が卒業した辺りから貯め始める人が多いです。もちろん、余裕があればそれ以前に貯め始めても良いのですが、教育費の負担が高い時期には難しい家庭が多いでしょう。退職金で老後資金の大半を賄えて、年金の支給開始も早かった頃は良かったのですが、現在では退職金制度も年金制度も不確定要素が多く、一方で寿命は延びていますので、早めに貯め始めるに越したことはありません。具体的にいつから、ということになると、個々人の置かれた状況により変わってきます。一人暮らしの場合には、結婚や出産の現実的な可能性がなくなったと感じるころには貯め始めておいた方が安全です。夫婦の場合には、いつから老後資金をどの位貯めるかなどを一度話し合っておくと良いでしょう。

夫婦二人の老後資金がどれだけ必要かは夫婦によって異なります

夫婦二人の老後資金は誰もが気になることです。本やインターネットで調べればだいたいどのくらいの資金が必要があるかということはすぐに調べることができます。ですが一般的に書かれている金額は基本的な金額であり、その夫婦によって月にかかる生活費は異なります。したがって夫婦二人の老後資金がどれだけ必要なのかということが気になったときは、実際に試算することが大切です。子供の数や住む場所、望む生活スタイルで日々の生活費は異なってきます。自分たちに必要な夫婦二人の老後資金がわかったあとは、もらうことができる年金や老後までに貯金することができるお金を明確にし、万が一足りないとわかった場合は今から貯金をする必要があります。貯金は早いほどたまるため、早く始めることにこしたことはありません。未来に必要な資金を考えずに過ごすのと、きちんと試算し今自分たちがどれだけのお金を貯める必要があるのかということを把握しながら生きるのでは全く異なった老後となります。

60歳までに老後資金を貯める 現実には難しいこと

人間はだれでも年を取ります。日本の年金制度は、比較的整備されています。実際に受け取れる年齢は65歳です。仕事をするようになって、年金の支払いが開始されることになりますが、どの年金を受け取るかによって、支払額や将来の受取額が大きな差がでます。そして、現在の日本の定年はたいてい60歳になっていますが、ここから年金を受取るまで5年間の生活資金も必要ですが、同時に将来の老後資金も気になるところです。年金の支払いを満額になっている場合でも、国民年金だけでは、決して裕福な暮らしを実現することはできません。ですから、60歳の定年までにどれだけの老後資金を貯めるかが大きな鍵となっています。現実社会に目を向けると、皆さんが60歳までに余裕で老後資金を貯めているか?というと、そうではないとされています。日本の貯蓄高が、平均700万円というデータもありますが、それは現実的な話ではないと思っている方も多いように、老後の生活に不安を感じている方はとても多いのが現状です。キャッシング即日Ready<即日融資を受けるための3ステップ>では人気のカードローンが色々のっているので参考になりますよ。

老後資金の重要性メニュー